ひまわり畑から

JUMPからBTSに移った系オタクです。

ジャニヲタがK‐POPに手を出した話

全然活用できていなかったはてなブログに戻ってきてまで書きたかった、個人的ニュースがあるのです。

 

 

この度、ずっと手を出さないようにしてきたジャンル

K‐POPの沼にとうとうはまってしまいました。

 

中学生あたりから、ドルヲタとして、特にジャニヲタとして生活してきましたが、K‐POPは少し敬遠していました。おそらく韓国という国自体にあまり良いイメージを持っていなかったことが主な原因だと思います。

少し前、TWICEが生み出した『TTポーズ』なるものが流行り始めた時なんて、「TWICE…???みんな同じ顔に見える…。」という状態で、さほど興味も持ちませんでした。

 

そんな私がK‐POPに触れるきっかけとなったのが、昨年の夏休みに始めたコンサートグッズ販売のアルバイトです。Hey!Say!JUMPの地元のライブで落選しため、せめて売る側としてライブに関わろうと考え登録し、その後も何度か別のグループの物販を行いました。ここでまずびっくりしたのが、K‐POPグループの日本公演の多さです。毎月、アーティストとその公演場所が書かれたスケジュールが配られるのですが、かなりの数のK‐POPグループの名前が書かれているのです。そしてなぜか、かなり高い割合で私の仕事現場となるのです。(会社の担当の方が勝手に振り分ける式でした)

私が現場にて働いたグループは、BTSSHINee、CNBLUEジョン・ヨンファさんのソロコンサートでした。グッズ販売ではメンバーの名前をある程度把握しておいた方がスムーズに進められるため、それぞれ公演の前日にメンバーの顔と名前をさらっと見て、ついでに数曲youtubeでMVを観るようにしていました。あくまでこの時点では触れるきっかけとなっただけで、どこかのグループを好きになることはありませんでした。しかし、フォトセットなどを販売しているうちに「この人きれいな顔してるなぁ。」と思ったり、運よく聞けたリハーサルの生歌がものすごく上手くて、思わず帰り道youtubeで検索したりと、現場回数を重ねるうちに少しずつ興味を持つようになっていたことはたしかでした。

 

そうこうしているうちに、私のYouTubeのホームにおすすめとしてK‐POPが混ざるようになりました。そしてとうとう、Mステでちらっと観ただけで別に興味ないと思い込んでいたTWICEの『TT~Japanese ver.~』をなんとなく再生したのです。

 

 

 

「・・・・・・ちょっと待って、誰?今のかわいい子だれ?!?!」

 

 

 

K‐POP沼に足がはまってしまった瞬間でした。この時私の目に留まったのがジヒョちゃん。

f:id:jumpomme:20180128211259j:plain


TWICE「TT -Japanese ver.-」Music Video

 

まるでお人形みたいなお顔。目がくりっくり。

初めて真面目にTWICEを観た私、顔面偏差値にびっくり。そしてひとつ魅力を見つけたとたん、「あれ、歌上手くない?」「パフォーマンス力高過ぎじゃない?」と発見続き。今まで興味を持てなかったのではなく、偏見が強くて興味を持とうとしなかったのだと気づけました。なんともったいない。物販のバイトがもたらした効果は、想像以上に大きかったのです。

 

そのあとはズブズブと溺れていくばかりで、現在はTWICEに加え、Fromis_9、ASTROと幅を広げていっている始末。色々経て今はASTROのムンビンが好きすぎて困っているのですが、この話はまた別の機会に!

 

 

 

 

もしもHey!Say!JUMPが吹奏楽部だったら

 

私は、中学高校と吹奏楽部に所属していました。よく『ブラック部活』と呼ばれるように、年間合わせて10日も休み無かったんではなかろうか…。(テスト週間等除く)

やりがいがあっていいんですけど、一日中楽器吹いてると、コンディション等によってはメンタルがかなりやられました。

 

そこで、メンタルズタボロの際に私のとった行動がこちら。

『もしHey!Say!JUMPが同じ吹奏楽部員だったら…』

 

 

妄想の世界に逃避です!

練習中に何してんだって話ですよねすみません。

でも、どれだけ休みが無くたって、JUMPさんたちと楽器吹いてると思ったらもう脳内お花畑です。長い練習だって乗り切れます。

ついつい、あの人にはどの楽器が似合うのかとか、考えたくなるんですよね。

 

 

ということで

どうでもいい前置きが長くなってしまいました!拙い文章ですが、お付き合いいただければ嬉しいです。

 

 

 

 

【もしもHey!Say!JUMPが吹奏楽部だったら】

マーチングについても書きたいのですが、長くなってしまいそうなのでまた別の機会に。

一般的な女子比率の多い高校の吹奏楽部で、学年は

3年 BEST

2年 7

の程でいきます。

 

 

薮宏太トロンボーン

あの手の長さを生かさないわけにはいかない!最後列のひな壇の上から中音を響かせて欲しい。幹部職というよりは、パートリーダーとしてわちゃわちゃうるさいトロンボーンパートをまとめてもらいたい。ただ、同期の女子には頭上がらなさそう。

音感、リズム感共に優れていて、顧問の要求にすぐこたえられるためみんなの憧れの存在。曲の分析が上手く、楽譜に忠実。たとえおいしいメロディーがまわってきても、変に張り切らない。すぐ物を失くすので、近づいてきたと思ったら口から出るのは「チューナー貸して!」

 

 

八乙女光→トランペット

パーカッションと迷いました。フルートとか持って欲しい気持ちもあるけど、個人的にフルートは女子にやってほしいところがあるので、金管花形楽器、トランペットで。ただただ薮ちゃんと光くんをひな壇に君臨させたいだけ。

八乙女、薮は同じ強豪中学出身。パート割で2人がトップになると、その神々しい並びに後輩が歓喜する。My楽器は銀じゃなくて金のトランペット。←これ重要。

スタミナのためのトレーニングが鬼畜。

副部長のうちの1人。出欠確認は徹底して5分前に行う。ギリギリに来るなんてありえない。動きの遅いやつ、挨拶や返事がなってないやつは許さない。新入部員からの印象は「とりあえず怖い」。ただ、休憩時間になると人一倍おちゃらけるのもこの人。

 

 

髙木雄也バリトンサックス

サックス族で、低音で、金色で、カッコいい。是非とも髙木くんに持たせたい。調子乗ってバリバリ吹いて怒られてほしい(髙木くんごめん)

正直マーチの表打ちに飽きてる。あまり熱心に練習する方では無いが、楽譜に裏メロを見つけた途端ガチで練習しだす。

運搬の係長で、どちらかと言うと楽器吹いてる時より運搬の指示してる時の方が輝いてる。

毎回テストが赤点ギリギリで、コンクールメンバー選出の時問題になる。

 

 

伊野尾慧→ホルン

個人的に、華奢で色白で美形な人がホルン持ってるのが好き!伊野尾さんドストライク!

真面目に練習しているように見えて、実際は如何にしてサボろうかと考えている。パートの仲間はそれに気づいているが、やることはやってるので何も言えない。本人曰く、「サボってないよ、効率よくやってるの。」2ndまたは4thになることが多く、コンクールでピアノと掛け持ちしたこともある。会計係で、部費回収では謎にお札数える速さが速い。ちなみに後輩の名前は半分も覚えていない。呼ぶときは「ねえねえ、そこのフルートちゃん!…あ、違う、その隣の子。そうそう君!」

 

 

有岡大貴ユーフォニアム

大ちゃんの優しい歌声とユーフォニアムの音色って、似たものを感じる。あったかくてまるい感じ。

合奏中に寝る率ナンバーワン。ひな壇の一段上から薮に頭小突かれるのが日課。正直、木管の地獄の指回し練習中は睡眠時間だと思っている。

リズム感に関しては抜群のセンスがある。嫌がる髙木を強制的に引き連れ、表打ちをメトロノームでひたすら極め続ける。そこへ裏打ちの伊野尾が勝手に入ってくる。そして徐々に人数が増えて最終的にプチ合奏になってしまう。休憩時間は、流行りのドラマの主題歌とか、ゲーム音楽とか吹きまくる。そしてバテる。もちろん怒られる。

 

山田涼介→アルトサックス

経験者ってのもあるけど、やっぱり山田さんはサックスが似合う!センスが光る楽器。

練習熱心で、音色もいいし音程もいい。ビブラート大好き人間。ジャズ奏法が得意で、めっちゃテクニック盛り込んでくるけど、先輩に「揃えにくい!やめてほしい!」と文句言われる。ソロやらせたらピカイチ。文化祭で「宝島」あたりのソロを吹いてファンができる。次期学生指揮者。基礎合奏の担当が山田の日は、ひたすらロングトーンをさせられるので、部員のテンションが若干下がる。

 

 

岡本圭人→チューバ

ガタイのいい圭人くんには是非チューバをやってほしい。太くてしっかりした音がならせそうな気がする。

1年の時、同じクラスの山田に連れてこられ、高校から楽器を始めた。元バスケ部。体験入部に行ったはずが、八乙女に半強制的に人手不足のチューバを勧められ、気づいたら入部していた。今ではバンドを支える低音として力になっている。次期運搬長。力仕事なら圭人におまかせ。

 

 

中島裕翔→パーカッション

管楽器を当てはめて見たかったけど、やっぱり1番しっくりくるのはパーカス。裕翔くんのドラムは安定感があって安心する。

「ディズニーメドレー」で、ミッキーのカチューシャつけて横揺れしながらグロッケン叩く姿が可愛すぎて後輩が萌えまくる。かと思ったら「sing sing sing」のドラムソロが爆イケ過ぎてギャップにやられる人が続出。しかし、顧問に「もっと!BD突き破るくらいならして!」と言われたらマジで突き破るタイプ。「だって突き破れって言われたから。」と真顔で言い放って先輩に呆れられる。基本優しいんだけど、「そのリズムの取り方、センスないね。」とか悪気もなく言うので同期からはあまり好かれない。

 

 

知念侑李→トランペット

9人で楽器ばらけさせたかったけど、ひかちね一緒になってしまった。知念さんにはパリッとした音の楽器が合うと思うので。

吹奏楽コンクール全国常連校出身。入部前から「〇〇中のペットが入ってくるらしい」と噂になった。とにかくハイトーンがきれい。そしてペース配分が上手いのでなかなかバテない。技量がずば抜けているので八乙女は内心焦っているが、当の本人は八乙女を尊敬している。しかし何気にトップの座を狙っている。

 

 

 

 

 

恋愛要素の一欠片もありませんでしたが、もしここまで読んでくださった方いたらありがとうございましたm(_ _)m

 

私は全然、わちゃわちゃしてる先輩達を見てるだけで構わないんです!!

…と言いたいところなんですが、書いてると色々妄想が広がってしまったので、そのうちJUMP先輩とのある1日でも書こうかなと思います。

 

 

お付き合いいただき、本当にありがとうございました!

 

ゆるっとブログ始めます。



どうも!

Hey!Say!JUMP有岡担、はてなブログ始めます。


以前はアメブロを利用してましたが、心機一転してここで書きたいと思います!



Hey!Say!JUMPをはじめジャニーズについて書くことがおおいはず。


文才は全くないし、たいして面白いこともできないけど、

自分のためにひたすら思いを綴ろうと思います。


楽しんで続けられたらいいな!